メニュー

ごあいさつ

院長 石本総一郎患者さんに分かり易く、
患者さんの気持ちに沿った医療を心がけます。

慶應義塾大学脳神経外科学教室に入局以来、主にくも膜下出血を始めとする急性期脳血管障害(脳卒中)の最先端治療に携わってまいりました。 このたび、埼玉県新座市北野にて、頭痛・高血圧、等の慢性疾患の治療及び、脳梗塞・脳出血や生活習慣病等の予防医療にも重点を置いた、いしもと脳神経外科・内科を開院する運びとなりました。

連携している病院も多く、他科への紹介や入院が必要な患者さんには最適な病院と連絡をとり、受診していただきます。

患者さんに分かり易く、患者さんの気持ちに沿った医療を心がけます。また、待合室では患者さんがいつでも気軽に相談ができるように、スタッフを指導、配置しています。 患者さんとの対話を重視した、一味違った医院を目指します。

院長 石本総一郎

クリニックのモットー

正確な診断と的確な判断・治療。
気持ちの通った応対と納得のいく説明。
最適時に最適病院への紹介。
近辺六市で最初の頭痛専門医。
日立製作所 MRI(1.5テスラ)新機種を導入(2017年1月~)。

院長略歴

1953年徳島県生まれ
1978年自治医科大学第一期卒業
同年徳島大学医学部第一外科学教室入局
徳島県立中央病院・県立海部病院外科、国保木沢診療所長を経て、
1983年脳血管研究所附属美原記念病院、脳神経外科研究員
1984年より慶應義塾大学医学部脳神経外科学教室医局員
1989年静岡赤十字病院脳神経外科・副部長
1991年財団法人朝霞厚生病院脳神経外科・部長兼副院長
1999年同・院長
2008年石本脳神経外科・内科開設
2010年5月より医療法人社団 阿州会

所属学会など

日本脳神経外科学会認定専門医・評議員
日本頭痛学会認定専門医・指導医
国際頭痛学会頭痛マスター認定医
日本高齢者高血圧コホート研究・研究員
日本脳神経外科コングレス会員
日本脳卒中学会会員
日本脳ドック学会会員
身体障害者福祉法障害認定指定医

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME